« 古い、白い器 | トップページ | 夜の虫 »

2005年9月 1日 (木)

夏と秋とどちらでもない

9月1日、32度。
まだ日差しはまぶしいけれど
吹く風は涼しく、

泳ぐ人がいなくなった海岸では
赤いトンボが飛び始め
海の家の撤収が続き
サーファーたちは繰り返し
波乗りを続け、

株の根元にひからびた
黒い花を
散らせているおしろい花は
まだ紅の花を咲かせていて
夕暮が進むほどに
セミと秋の虫たちの声は混じりあい、響き、

今日、鎌倉は
夏や秋とは決められない、
今だけの光景を見せていました。

|

« 古い、白い器 | トップページ | 夜の虫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46183/5737974

この記事へのトラックバック一覧です: 夏と秋とどちらでもない:

» 郵便サービスは民営化後も維持されるのか [ここがヘンだよ!郵政民営化]
郵政民営化の争点のひとつに、民営化後のサービスが維持されるのかという問題があります。政府は郵政民営化により市場における経営の自由度が拡大され、良質で多様なサービスが安い料金で提供可能となり、国民の利便性が最大限に向上されると説明しています。果たして無条件....... [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 12時49分

« 古い、白い器 | トップページ | 夜の虫 »